Forest Crayons

Forest Crayonsの販売開始時期は、2022年の春頃を予定しています。販売開始日についてのお知らせを受け取りたい方は、こちらのメーリングリストをご活用ください。

Forest Crayonsは、日本の木材を「顔料」として利用したクレヨンのセットです。家具や建材の規格から外れた木材が、クレヨンとして新しい創造の道具となり、また、森への個々の解像度を上げるものとして生まれ変わりました。

日本の森林を次世代に引き継ぐためには、木の伐採と植林のサイクルを維持する必要があり、そのためには、国産材を継続的に「使う」ことが重要です。木材は主に建材や家具材として利用されますが、直径が足りなかったり、形が歪だったりと、様々な理由から規格から外される木材も多く、そういった木材は、薪材として処理されます。私たちは、そのような規格外の材を新しい方法で用いるForest Crayonsを開発しました。木材の美しいカラーパレッドをもつクレヨンです。

木の色は単純に「茶色」であると思われがちですが、Forest Crayonsは、森には様々な色があることに気づかせてくれます。杉の赤みがかった茶色や、ホオノキの淡い緑色、菌による変色で生まれた濃青色など、木の種類によってだけではなく、木が育った環境によっても色が異なります。Forest Crayonsは、いかなる欠陥のある木材でも利用することができます。製造が容易であるために、そういった木の不均一さをも受け入れることができます。

クレヨンは三角形にデザインすることで、色々な形に積み重ねることができるようにしました。また、9本で1セットとし、緑青腐菌が繁殖した木や日焼けした木など、エラーから生まれたような木材も加えます。9本のクレヨンを重ねると、森の植生が色によって表現された山をつくることができます。

開発にあたって、飛騨と奥多摩の森を訪ねました。こちらで制作プロセスの一部を紹介します。

Forest Crayonsの販売開始時期は、2022年の春頃を予定しています。販売開始日についてのお知らせを受け取りたい方は、こちらのメーリングリストをご活用ください。


Photography: Shot by Kusk