Neighborhood Renku

地域連句は、その地で生きる見知らぬ誰かと共に、連綿と連句を創りあげていくプロジェクトです。

連句とは、複数人の吟者が、交互に句を付け合いながら、集合としてひとつの作品を創り上げる様式のことを言います。連句では、直前の句を何らかの形で関連させて次の句が詠まれるため、即興的表現が生まれやすいことや、詩全体として偶発的な展開が生まれやすいことに、その美しさがあります。地域連句は、連句という様式を、生活圏を共有する匿名の誰かと、共に創発し合うためのプラットフォームとして応用しました。

地域連句に参加するためには、いくつかの地域に設置されたQRコード付きのステッカーを見つける必要があります。QRコードをスキャンすると、その地域の地域連句のウェブサイトに移動し、その地でこれまでに詠まれた全ての「詠みひと知らず」の詩が表示されます。また、スキャンをした誰もが、次の句を詠むことが可能です。地域ごと個別のステッカーとウェブサイトが用意されているので、それぞれの地域で、全く異なる連句が編まれていきます。それぞれ、その地域で日々を生きる人々の、刻々と変化していく思考や生活、地域の特徴までもが滲み出る、ゆるやかなタイムラインのような機能をも果たします。

地域連句に吟者として参加するひとにとっても、更新されていく連句を眺めるだけのひとにとっても、日常のささいな創造活動を促す存在となることを目指しています。

Photography: Daisuke Murakami